小児歯科・小児矯正

TSUKUBA WHITE DENTAL CLINIC

【小児歯科】

小児歯科について

小児歯科では、歯が生える0歳から、永久歯が生え揃う15歳くらいまでのお子さんを対象として、歯と口の病気の予防と治療を行っています。
お子さんの場合は、大人と違い、体も、お口も常に成長しているという状況にあります。私たちは、健全な永久歯列の育成を目標にして、お子さんの成長発育に応じた治療を行っています。

いつ頃から通うのか

一般的に小児歯科で初めて検診を行う時期は、初めての乳歯が生え始めてから6ヵ月以内、一歳の誕生日までに検診を受ける事を推奨しています。

表面麻酔をつかった痛くない麻酔

歯科医院での痛い!・怖い!という経験がトラウマになり、歯医者さんに行きたくないと思う人は多くいらっしゃいます。
当院では痛みの苦手な方はもちろん、どなたでも痛みを極力感じにくい治療方法を導入しています。

0歳からの予防治療

0歳から歯医者に通う事を推奨している歯医者さんは多くありますが、なぜ早くから検診を行う事が必要なのでしょうか。それには以下のような理由があります。

・乳歯が早い段階で虫歯になると、歯肉に隠れている次に生えてくる永久歯に悪い影響が出てしまう。
・早くに乳歯を失うと、その空いた隙間に他の歯が傾いたりして、将来的に歯並びに影響が出てしまう。

check

0歳から歯医者に通うことによって得られるメリット

  • 子供の正しい歯みがきの方法がわかる。
  • フッ素塗布の必要性や、適切なデンタルケア用品をなどについてのアドバイスをもらえる。
  • 様々な赤ちゃんの、歯に対する疑問に答えてくれます。
  • 早期から歯並びを把握して、小児矯正等を行えば、綺麗な歯並びを保つことができます。

※当院では、ディスポ(使い捨て)歯ブラシを使用しております。

マタニティ歯科外来

妊婦さんの歯科治療

妊娠後の歯科治療はどうしたらよいのかとよく質問をいただきます。
当院では出産前に歯と歯ぐきのケアを行って妊婦さんの口腔内を守るよう努めています。
具体的にはバイオフィルム除去(PMTC)やスケーリング、SRPを行って妊婦さんの歯肉炎対策を行います。
当院では歯科治療は安定期に行うようご説明しております。妊娠初期、後期段階では治療が困難な場合が多いです。
特に妊娠後期になると口腔内の変化が大きくなります。妊娠9ヶ月以降になってしまうと歯科治療ができなくなってしまいますので、妊婦さんの歯科治療はご相談ください。

 

【小児矯正】

小児矯正 ※医療費控除 対象

小児矯正は、6歳から中学年までの一期治療と、中学生から成人までの二期治療に分かれています。
一期治療では、顎の骨格の矯正が中心となり、二期治療では歯列矯正が中心となってきます。

お子様の健康のために、お母さんに知っておいて欲しいこと

最近のお子様に歯並びが悪かったり、良くない噛み合わせになってしまっているお子様が増えています。

その原因としては、柔らかい食べ物を食べる習慣が多くなっていることや、昔に比べて栄養価の高い食べ物が多くなることで、歯のサイズそのものが大きくなっていることが上げられます。

柔らかい食べ物を食べていると、食事の際に噛む回数が減ってしまい、アゴがうまく発育できなくなり、結果的に大切な永久歯が生えてくるスペースが成長過程で準備できないことで出っ歯になったり、受け口(しゃくれ)になったり、ガタガタ歯列になる傾向があります。もしお子様がチェック項目に当てはまる項目があった場合は是非ご相談下さい。

check

お母さんにチェックして欲しい項目

※1つでもチェックが入ったら、アゴの成長不足が原因かもしれません。

不正咬合が起こす問題

成長期のお子様に不正咬合(噛み合わせの悪さ)がある場合、考えられる理由のほとんどは顎の成長が上顎で抑えられ、
顎の発達が妨げられているということです。

不正咬合があるお子様がもつ特徴として、摂食、咀嚼、嚥下の問題は勿論ですが、いつも口を開いてる、姿勢が悪い、いびき、口臭、ぜんそく、中耳炎、風邪をひきやすい、鼻アレルギーなど様々な問題があります。
これらの問題は、体全体の健康に大きな関わりがあり、お子様の発育に多大な影響を与えているのです。

子供たちが、顎顔面の発育不全のままで成長期を終え、不健康という負荷を抱えることはその後の人生に大きな影響を及ぼすことも
十分に考えられることです。

歯並びのベースにある歯槽骨や顎骨、頭骨、それらを取り巻く軟組織までを考慮して一連の治療を進めることで、歯並びだけでなく
これらの問題も同時に改善されると言われています。

顎顔面矯正治療

当院では、「歯並び」だけでなくお子様自身の「機能」「発育力」を高める「顎顔面口腔育成」に力を注いでいます。
なぜなら未来ある子ども達の健康に貢献するのは、私たちの大きな役割だと考えているからです。

顎顔面口腔育成治療によって口呼吸を鼻呼吸に変え、免疫力の向上と口腔咽頭領域からの病巣感染を取り除き骨格に
起因する歯列不正を治すことを目指しています。

顎顔面矯正は、歯を抜かずに矯正治療を行います。また、一般的な矯正とは異なりベースとなる顎骨を広げて歯並びを整えますので、後戻りする心配はほとんどありません。

噛み合わせが良好になることで、歯ぎしり・食いしばり、顎関節の痛みなどの改善が期待できる他、急速拡大装置を使って上顎を広げることで鼻腔を広げ、口呼吸になりがちな子供に鼻呼吸を促すことができます。その結果、鼻づまり、いびき、喘息などの症状改善が期待できます。

check

顎顔面矯正+マイオブレース

歯並びが悪くなるのを「事前に防ぎ」、健全な歯並びを創造します。
そして、歯並びだけでなく下記の効果も見込めます。

 ・正しい姿勢の獲得
 ・きれいな顔立ちの獲得
 ・後戻りしづらい

お子様の健やかな成長の観点からお伝えすると、悪くなった後に行うこれまでの矯正治療ではなく、歯並びが悪くなる原因を改善し歯並びだけでなく、身体の健康までを追求する原因へのアプローチ、歯科矯正用咬合誘導装置(マイオブレース)を取り入れております。

悪くなる前、もしくは歯並びが悪くなってしまったが原因を取り除くことで整える治療法です。

子供の歯並び改善|マイオブレース

マイオブレーストレーナーという取り外し式の装置と舌・口・呼吸の訓練を行います。歯並びが悪くなる口呼吸・舌の突き出し・指しゃぶりなどを改善します。

早期の治療をお勧めします

お子様の歯並びが悪いと感じたり、全身に何か問題があると感じた際は、早目に原因へのアプローチや早目に顎を広げる治療をお勧めします。
特に、急速拡大装置を使用する治療は、6歳~12歳頃(場合によってはその前後)までに治療を開始することをお勧めします。
このような治療は早期治療(1期治療)、予防矯正とも呼ばれていますが、正常な機能と発育を一刻も早く取り戻す、
まさに不正咬合の芽を摘む治療と言えます。

成人になってからの矯正の場合、骨格が出来上がってしまっているため
歯並びを綺麗にするためには抜歯しなければならないケースが多く、その分既往症なども含めてリスクが多くなってしまいます。

顎を大きくする治療の場合は、抜歯しなければならないケースはほとんどありません。
また治療費として、ワイヤーなどを使用する矯正方法と比べて、
顎顔面矯正法の場合は個人差はありますがワイヤー矯正の3分の1ほどで済みます。

早期に治療を開始し様々な問題を解決することで、より健康で幸せな生活を送ることができ、
快適な老後を迎え、お子様が素晴らしい人生を過ごすことが出来るでしょう。